diary

sore graceless oaf

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

なかなか更新できずにすみません。

気がつけばまともに更新しないまま、冬を迎えていました。

その間ドメインが消失したり、突発的にラジオをやってみたりといったこともございましたが、夏コミ以降は基本的に音楽と距離を置いた生活をしておりました。

この間にバイクの免許を取り、色々なところを走り回っては見たものの、また以前の様に音楽に気持ちを向けるにはあともう少しだけ、時間がかかりそうです。

それでも、年明けから新たな活動が進められるように、準備をしていきたいと思います。

そのときはどうか遠くからでも温かい目で見守っていただければと思います。
スポンサーサイト
  1. 2009/12/02(水) 03:44:24|
  2. コラム

今までありがとうございました。

色々至らないサークルではございましたが、それでも見捨てずに聴いてくださった皆様に感謝します。

ソアーが終わってもMIEZAは音楽活動を勿論続けますが、次お会いするときはもうちょっとまともになりたいと思います。

最後に、ソアーのラスト2年間をボーカルとしてサークル支えてくださったmillefeuiさん、天乙准花さん、なんだかんだで最初から最後まで手伝ってくれたまじんさんと154さん、そして最後の最後でボーカルとしてご参加いただいた折原幸平さん、「ゲームの主題歌を作る」という貴重な機会を与えてくれた和知まどかさん。そして今まで応援してくださった全ての方に感謝します。
今までありがとうございました。

MIEZAに関しては次の新しいサークルは既に動かし始めています。
ただまぁ、今後はイベントありきで活動の方針を決めない方向で考えてますので、ちょっと時間はかかりそうですが(言ってるよりはすぐかもしれませんが)、ソアーでの経験はちゃんと生かしたいと思っていますので今後ともよろしくお願いします。




とはいえ、書き残したこともそれなりにあるので、しばらくはこのブログも(出来る限りは)更新していきたいと思います。
  1. 2009/08/28(金) 02:40:20|
  2. コラム

いよいよ明日です。

いつも以上にろくすっぽに準備できてませんでしたので申し訳ない気分ではありますが、それでも最後は最後です。

後は、手に取ってくれる人が手に取ってくれるだけ。
聴いてくれる人が聴いてくれるだけ。

決して多くはない、その聴いてくれた人々のなるべく大多数が「聴いてよかった」と思える作品になれることを願っております。



とまぁ、当日は昼前からスペースに居るはずなので、宜しかったら遊びに来てください。

それでは。
  1. 2009/08/14(金) 23:41:13|
  2. コラム

過去の作品を振り返る(その3):風が呼んでいる&もう負けないから

すんません、すぐのはずが1ヶ月以上放置しておりました。
ここからは巻きでいきます。



M1.風が呼んでいる

soreG.O.最初の無料配布音源、「風が呼んでいる」です。
ここから、しばらく、リスナーを増やす取っ掛かりを作る目的で無料配布音源を作る動きがありました。
その第一弾がこの曲です。

この時代は、個人的にもFateが大フィーバーしていた時代でして、当面はFateをイメージして曲を作り続けていく方針でした。
まぁ、方針が完璧に守られたのはこの後3年以上かかるわけですが。

この曲も方針に漏れず、仮想のFateアニメOPというイメージで作ったのを覚えてます。
あの時はFateや月姫にはACIDMANやWORDが合うと信じてやまないMIEZAでした。




M1.もう負けないから

続いては、「もう負けないから」
実はこの曲、ジャケットで揉めまして、イベント当日に慌ててこの写真に差し替えたのを覚えてます。

ちなみに、この曲はCLOSEDOWNで「oath of peach」としてリメイクしています。
理由は色々あるのですが、この曲の歌詞に関しては、後年どうしても書き直したかったというのが大きな理由です。
結果出来上がったoath of peachはまったく別の曲として仕上がりました。


夏コミまでに全部書けるかどうかの争いになってきました。
  1. 2009/08/02(日) 17:43:12|
  2. コラム

過去の作品を振り返る(その2):soredisx02 antitechnix

活動終了をいいことに過去に作った作品を振り返ろうという企画の第2回でございます。
前回より大分間が開いてしまいました。



アルバム第2作は前作から3ヶ月程度のブランクで製作された、初の全曲オリジナル作です。
中3ヶ月とは今では考えられないペースですが、曲の作り方など何もわかっていない人間がこの短期間で作った作品など、内容は推して知るべし。
この時は丁度仕事をしていなかった時期に当てはまっていて、その時の鬱ッぷりが作品に表れています。

M1.ルーム(stack amp)
作品の開始を告げるインスト曲。
ベースはZOOMのPS02で作ったものをSOL2で加工していました。

M2.トゥフラット、フロムフラット。
この作品はとある大物音楽製作集団の楽曲にヒントを得て作ったのですが、出来上がったものは思い切りそれとはかけ離れた作品になりました。
当たり前だ。英語の歌詞なんてかけないし、オール電化な曲なんて作れない。
歌詞はこの当時の焦りが非常に濃く出ていますね。

M3.スーサイダルノーフューチャー
大学の仲間で組んだ「はず」のバンドのために作った「はず」の曲でした。
曲調は全然違いますが、メロディラインと歌詞はgoatbedを意識して作った記憶があります。

M4.秋の空
この曲はある意味今作で一番気に入っている曲です。
カッティングが速く、非常に苦労をした記憶があります。
この曲はどこかできちんと作り直してみたいと思っています。
なかなかその機会には恵まれないんですけどね。

M5.悔恨の言
ソアーの前身時代に作った曲をリテイク。
ノイズを取るということを知らなかったので、異常に聞き苦しい音質になっていますが、歌詞の内容にマッチして怨嗟に満ちた雰囲気を助長しております。

M6.迷走
これも前身時代に作った曲です。
今作の曲は皆そうですが、歌詞がひたすら内向的で鬱屈してますね。

M7(シークレットトラック).冷たい月夜に虹を視た
今作のシークレット。毎作仕掛けていくはずが、これで途切れてしまいます。
この曲を生のギターで再現するのは、今でも無理です。
その程度のスキルしか、俺にはありません。


次回は初の配布音源、「風が呼んでいる」を紹介。
1曲しかないのですぐ書けるといいですね。
  1. 2009/06/22(月) 00:56:09|
  2. コラム
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。