diary

sore graceless oaf

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

lovestock / ギンイロノヘヤ(現在頒布停止)


M1.lovestock
M2.ギンイロノヘヤ

■クロスフェードデモダウンロード■

soreG.O.の2006年を締めくくる音源はまるで力尽きたかの様な2曲入りシングル的音源。

製作直前、本作のネタに困窮していたMIEZAはsore活動開始以来の影の協力者・魔人にヒントを求める。それに対して魔人の出した回答は、

「エロゲーのテーマ曲。ギャルゲーじゃなくてエロゲー。それもとってもチープな奴」
ちなみに魔人のいうエロゲーとはギャルゲーという広義のグループの中のいちカテゴリーのエロゲーだということらしい。

そこでMIEZAは魔人の妄想アイデアを基に架空のエロゲー企画をでっち上げ、物語のテーマと導入を搾り出したところで楽曲の製作を開始。

そうした状況の中で出来上がったのが、今回収録の2曲である。

「lovestock」は魔人の打ち出したヒントと、MIEZA周辺での「そろそろ別の方向性を打ち出してみては?」と言う機運の基に作成された曲で、これまでのsoreG.O.の絶対軸であった「MIEZAのギターとボーカル」が全面的に排除され、良い意味でも悪い意味でもこれまでのsoreG.O.とは一線を画する曲となった。

「ギンイロノヘヤ」は、「lovestock」をOPとすると、EDに位置づけられる曲。
こちらは音楽的には何の縛りも設けずに、soreG.O.としての音楽を全面的に打ち出した楽曲。しかしながら「速い、暗い、粗い曲しか出来ない」と思われがちな普段のsoreG.O.とは異なるアプローチを打ち出している。

なお、今回の楽曲を製作するにあたって搾り出したエロゲー企画がどんなものだったかというと、出した時点でMIEZAと魔人は気づかなかったのだが、(結局実現しなかったのだが)ジャケット絵を某氏に依頼した際に内容を説明した際に、

「それなんて『きみはペット』?」

その後、「ペットはご主人様の世話をしない」ということに気がついたのが、MIEZAが今これを書いているこの瞬間。

実はこの作品に連動して何らかの宣伝企画をこのサイト上ででっち上げようとしていたが上記の事もありそれはMIEZAの気分次第となった。
スポンサーサイト
  1. 2006/12/31(日) 10:00:05|
  2. 作品

コミックマーケット71

会場・東京ビッグサイト
スペース・西ね22b

新作
lovestock / ギンイロノヘヤ
  1. 2006/12/31(日) 10:00:00|
  2. イベント参加履歴

冬コミ音源の詳細は

もうちょっと待っていてください。

まぁ、最低限何らかの形で出せる状態にはなりましたが、その「何らか」がまだ確定していない状態というか。

ともかく、どっちにしろ、普段のソアーとはちょっと違う感じになりそう……かも。
  1. 2006/12/07(木) 01:29:33|
  2. コラム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。