diary

sore graceless oaf

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

「月光纏いて麗しく」について・第四回/MIEZA

……本当に申し訳ありません。
前回から更に5ヶ月近くが経過しようとしていました……

その間に、まさか動画第二弾がアップされようとは……
ですので、これもいい加減再開します。



第四回・月光を纏いて蘇える

さて、基本構成が固まり、曲の再構成を始める。ソアーの場合は大体ベースとドラム→ボーカル→ギターアレンジと曲作りを進めていく。今回は原曲を重視して、テンポをそのまま、2ビートで曲を構成した。

実はこのあたりから、アレンジについてある曲が頭によぎっていたのだ。

そして、いざギターアレンジを考えるにあたり、行き詰まった際にそれは具現化してしまう。

「この曲はBPM150.それに月光なだけにここはDejavuで」

MIEZAにとってBPM150と聴いてすぐ連想するのがLUNA SEAの名曲Dejavu。
こうしてあの曲はあのアレンジになった。

でもギターの音質はマスクしまくりでノイジーな当時のソアーの王道(というかこれしか出来なかった)パターンであった。

そしてボーカルについては、最初からVOCALOID・MEIKOを投入することが決まっていた。当時ソアーは過去に女性ボーカルの受け入れに失敗した過去から、女性ボーカル探しに消極的だった。
そこに光を与えたのが、VOCALOID・MEIKOだった。ソアーでは2006年末からMEIKOを投入しており、この時期においても尚初音ミクが発売前だったこの時期、そして「この曲は女声で然るべき」との考えを持っていたMIEZAがこの曲でもMEIKOを選んだのは当然の流れだった。

後々考えれば、当時のこの判断が、その後のソアーの行き先、そしてこの楽曲の行き先を大きく変えていくことになったのであった。



そういえばニコニコでのコメントではアレンジをDejavuっぽくしたことに気づいた人はいなかったみたいで、ある意味哀しい思いをしました(逆に初期GLAYという発想はなかった……)w

またしても続きます。
でも今度は五ヶ月とか絶対やりません。
夏コミ前には必ず更新します。


スポンサーサイト
  1. 2008/08/13(水) 02:05:55|
  2. コラム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。