diary

sore graceless oaf

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

過去の作品を振り返る(その2):soredisx02 antitechnix

活動終了をいいことに過去に作った作品を振り返ろうという企画の第2回でございます。
前回より大分間が開いてしまいました。



アルバム第2作は前作から3ヶ月程度のブランクで製作された、初の全曲オリジナル作です。
中3ヶ月とは今では考えられないペースですが、曲の作り方など何もわかっていない人間がこの短期間で作った作品など、内容は推して知るべし。
この時は丁度仕事をしていなかった時期に当てはまっていて、その時の鬱ッぷりが作品に表れています。

M1.ルーム(stack amp)
作品の開始を告げるインスト曲。
ベースはZOOMのPS02で作ったものをSOL2で加工していました。

M2.トゥフラット、フロムフラット。
この作品はとある大物音楽製作集団の楽曲にヒントを得て作ったのですが、出来上がったものは思い切りそれとはかけ離れた作品になりました。
当たり前だ。英語の歌詞なんてかけないし、オール電化な曲なんて作れない。
歌詞はこの当時の焦りが非常に濃く出ていますね。

M3.スーサイダルノーフューチャー
大学の仲間で組んだ「はず」のバンドのために作った「はず」の曲でした。
曲調は全然違いますが、メロディラインと歌詞はgoatbedを意識して作った記憶があります。

M4.秋の空
この曲はある意味今作で一番気に入っている曲です。
カッティングが速く、非常に苦労をした記憶があります。
この曲はどこかできちんと作り直してみたいと思っています。
なかなかその機会には恵まれないんですけどね。

M5.悔恨の言
ソアーの前身時代に作った曲をリテイク。
ノイズを取るということを知らなかったので、異常に聞き苦しい音質になっていますが、歌詞の内容にマッチして怨嗟に満ちた雰囲気を助長しております。

M6.迷走
これも前身時代に作った曲です。
今作の曲は皆そうですが、歌詞がひたすら内向的で鬱屈してますね。

M7(シークレットトラック).冷たい月夜に虹を視た
今作のシークレット。毎作仕掛けていくはずが、これで途切れてしまいます。
この曲を生のギターで再現するのは、今でも無理です。
その程度のスキルしか、俺にはありません。


次回は初の配布音源、「風が呼んでいる」を紹介。
1曲しかないのですぐ書けるといいですね。
スポンサーサイト
  1. 2009/06/22(月) 00:56:09|
  2. コラム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。