diary

sore graceless oaf

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

最終作「CLOSEDOWN」について

CLOSEDOWNジャケット

本体サイトの方でも書いてますが、遂に最終作、「CLOSEDOWN」が完成しました。

http://www.sorego.net/sp/closedown.html

細かい紹介はこちらをご覧になっていただくとして、ここでは本作の少し深い話を。



本作は元々予定になかった作品で、ソアーを活動停止するという決断を下す前はまったく違う路線の作品を次回作として構想していました。
しかし、次作がソアー最終作となることが決まった時点でそのプランは凍結となり、まずはジャケットのイメージとタイトルからの構想を始めました。
(この時期はある事情で気持ちが荒れていて、「独り咲きクロッカス」の兼ね合いで提供曲の収録は決まってましたが、アルバム本編楽曲の構想は二転三転してました)

程なくタイトルは、最終作にちなみ、テレビ局の1日の放送終了を表す「CLOSEDOWN」となり、ジャケットも某テレビ局のクロージング映像をイメージしたものを絵師の人に伝えました。

このあたりで2009年の1月となっていたのですが、楽曲群については、このとき丁度プレイしていて物凄くハマっていたとあるゲームをイメージして作詞と作曲を進める方針が固まりました。

そのゲームとは、「真・恋姫無双」です。

このシリーズに関しては前作からのファンでして、丁度この時期発売された新作をワクワクしながらプレイしてました。
そのときの情熱がそのままこの作品に表れています。

一部の作品を除いて、あまり表現が露骨にならないように歌詞は心がけておりますが、本編の各曲には、それぞれイメージの元となったキャラとシチュエーションがあります。
もしかしたらこれを聴いたファンの方から「これは違う!」とお叱りを受けるかもしれませんが、曲を聴きながら、俺が誰をイメージして曲を書いたかを想像していただけると幸いです。

次回の更新で、少しずつ楽曲の紹介をしていきたいと思います。
スポンサーサイト
  1. 2009/08/07(金) 01:04:25|
  2. ニュース
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。