diary

sore graceless oaf

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

明日のことでさえ鬼が笑う/MIEZA

みなさま、明けましておめでとうございます。
遅いですが、MIEZAでございます。
冬コミはお疲れ様でした。お蔭様でミクハラもアガナイもかつて無い位皆様に手にとっていただけて、素直にうれしく思っております。

さて、秋M3の時にも書いた、今後の予定を、今回も雑談レベルで書こうと思っています。

まず、今年の活動ですが、一応春夏秋冬、コミケとM3への参加を基本路線としていますが、アルバムレベルの作品は秋M3をターゲットにしています。
なので、他のイベントは新作ゼロは避けるにしても、今回のミクハラやアガナイのようなシングル的な曲数の作品になる可能性があります。
(場合によっては無料配布音源のみかも……)

次回作の構想ですが、遂にソアーも所謂物語系に挑みます。
以下、ある日のMIEZAとまじんの会議の模様。

み:次は物語系をやろうぜ!
ま:どんな話をやんの?
み:物語系はファンタジーが多いだろ? だから、俺らはバンドものをやろう!
ま:随分タイムリーだなぁ。てか、バンドものはやったとこあるだろ!
み:しかし、こっちは時代が1997年! 10年前! ヴィジュアル系だ!
ま:俺らが高校生ん時だな。
み:主人公は子供のころ、入院先の病院で知り合った女の人にギターを貰うんだ――
ま:それってなんて月姫?
み:そして主人公は高校生になり、バンドを組むんだ。そして、バンド結成に協力したヒロインがある日突然×××されます!
ま:おい! 貴様は今のソレゴーのメンバー構成を考えろ!
み:それから数日後、学校に現れたヒロインは性格が豹変し、いきなり彼女に×××した××をロッカーの蓋で半殺しにします! それから――
ま:却下だ。ダメ、ゼッタイ。

……ということで、まじんに盛大にダメだしを喰らったので物語系企画は没になってしまいました。

ですので、次回のアルバム級は基本ノンコンセプトで行きます。
次回作はmillefueiはもちろん、アガナイに引き続き、天乙さんにもご協力いただけるので、二人のタイプの異なるヴォーカリストがいることを最大限に生かしたバラエティに富んだ作品にします。
あ、あともう一人、参加するヴォーカリストがいます。
実はこの人、秋M3の後にこっそりクビにしていたんですが、そのことを一部の方々にとても残念がられたので、呼び戻しました。
その人の名は、MIEZA。

そうです、次回作は俺も一曲くらいは歌います。
というか、ヴォーカリストが加入してくれたので、ようやく俺に合わない歌を歌う必要がなくなったので、俺が歌うからこその曲も出てくると思います。
まぁ、叫んで終わりかもしれませんが。

と言うことで、10ヶ月先の話をしました。
ほんの数日後のことすら鬼が笑いそうな状況ですが、いい作品を作れるように頑張ります。


スポンサーサイト
  1. 2008/01/11(金) 00:53:31|
  2. コラム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。