diary

sore graceless oaf

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

lovestock / ギンイロノヘヤ(現在頒布停止)


M1.lovestock
M2.ギンイロノヘヤ

■クロスフェードデモダウンロード■

soreG.O.の2006年を締めくくる音源はまるで力尽きたかの様な2曲入りシングル的音源。

製作直前、本作のネタに困窮していたMIEZAはsore活動開始以来の影の協力者・魔人にヒントを求める。それに対して魔人の出した回答は、

「エロゲーのテーマ曲。ギャルゲーじゃなくてエロゲー。それもとってもチープな奴」
ちなみに魔人のいうエロゲーとはギャルゲーという広義のグループの中のいちカテゴリーのエロゲーだということらしい。

そこでMIEZAは魔人の妄想アイデアを基に架空のエロゲー企画をでっち上げ、物語のテーマと導入を搾り出したところで楽曲の製作を開始。

そうした状況の中で出来上がったのが、今回収録の2曲である。

「lovestock」は魔人の打ち出したヒントと、MIEZA周辺での「そろそろ別の方向性を打ち出してみては?」と言う機運の基に作成された曲で、これまでのsoreG.O.の絶対軸であった「MIEZAのギターとボーカル」が全面的に排除され、良い意味でも悪い意味でもこれまでのsoreG.O.とは一線を画する曲となった。

「ギンイロノヘヤ」は、「lovestock」をOPとすると、EDに位置づけられる曲。
こちらは音楽的には何の縛りも設けずに、soreG.O.としての音楽を全面的に打ち出した楽曲。しかしながら「速い、暗い、粗い曲しか出来ない」と思われがちな普段のsoreG.O.とは異なるアプローチを打ち出している。

なお、今回の楽曲を製作するにあたって搾り出したエロゲー企画がどんなものだったかというと、出した時点でMIEZAと魔人は気づかなかったのだが、(結局実現しなかったのだが)ジャケット絵を某氏に依頼した際に内容を説明した際に、

「それなんて『きみはペット』?」

その後、「ペットはご主人様の世話をしない」ということに気がついたのが、MIEZAが今これを書いているこの瞬間。

実はこの作品に連動して何らかの宣伝企画をこのサイト上ででっち上げようとしていたが上記の事もありそれはMIEZAの気分次第となった。
  1. 2006/12/31(日) 10:00:05|
  2. 作品

ネガティヴファクターフェスタ


M1.セレモニーオンザダスト
M2.トゥフラットフロムフラット
M3.ディストーテッドハルヒズム
M4.ネガティヴシンクシアター
M5.トセドバイザダイス
M6.西には行けない
M7.風が呼んでいる

■クロスフェードデモダウンロード■

否定的な状況に直面した時、人はそれに心を折られてしまうのか、それともそれに心を突き刺すのか。

心の弱さ、葛藤、逆境などあらゆるネガティヴファクターを90年代ヴィジュアル系の亡霊みたいなサウンドで表現。

鈍くて重くて早めでへこめる1枚。
聴いた後にはなんかさっぱり系のCDを聞くことをお勧めします。
  1. 2006/10/09(月) 11:05:00|
  2. 作品

thinkSAKURA(現在頒布停止)


M1.約束の場所であいましょう
M2.アガナイノハナ
M3.THIS FORCE FOR DEAR

MIEZAが「Fate/stay night」プレイ時に長い間敬遠していたにも関わらず、いざプレイしてみるとMIEZAに強烈な印象を残したキャラクター、間桐桜。

「問おう。間桐桜はロックンロールか?」
このスローガンの下、桜の演じたいくつかの場面をイメージした3曲を製作。タイトルどおりロックで間桐桜を考える作品になった。
  1. 2006/03/19(日) 00:00:00|
  2. 作品

もう負けないから(頒布終了)


M1.もう負けないから

無料配布音源第二弾はファストパンクソング。
女性ボーカル不在がもたらす限界を極限までに歌い上げた……かどうかは知らない。
  1. 2006/01/29(日) 01:00:00|
  2. 作品

JUNX -sore graceless oaf early songs-(現在頒布停止)


M1.未だ視ぬ世界へ
M2.迷走
M3.再生願望
M4.紫色の少女
M5.オーバーシュートリグレット
M6.持っていた答え
M7.なんてことだ

sore graceless oaf活動開始直後に製作され、一時期webサイトに公開されていた曲を中心に収録。
最低限の機材を用いて製作されたこれらの楽曲は全てチープにしてノイジー。
テクニックやアイデアに乏しくとも、勢いだけはそこにはあった。
  1. 2006/01/29(日) 00:00:00|
  2. 作品
前のページ 次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。